Jack in The Box

バカにされたって、好きなんだからしょーがねぇーじゃん!
TUBEファンが綴るTUBEファンの為の完全自己満足ブログ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
夏フェス
夏といえば、TUBEの野外ライブだが…笑
やっぱり、夏フェスが熱い!!
「フジロック」「サマーソニック」
洋楽&邦楽のアーティストを同じ会場でだーーーーっと見れる。
豪華な音楽の祭典なのだ。

今年、特に注目されているのが、7月22日、23日
野外ロック・フェスティバル「UDO MUSIC FES -TIVAL2006」
ウドー音楽事務所が開催する夏フェスだ。
(ロックオデッセイは失敗だったのか??苦笑。)
出演者が、サンタナ、ジェフベック、KISS。

ジェフベックと言えば、(94年「Fun in the SUN」ライブビデオより)
「美容室に行って、ジェフベックみたいな髪型にして下さいと言ったら、
 かまやつさんになってしまいました。」(春畑コメント)の
ジェフベックです。(この説明もどうかと思うが…笑)
KISSは角野さんも大好きなバンド。
「俺ぐらいになるとKISSを聴いて音楽を始めたようなもんだからね」←笑。
っちゅーか、あの派手なメイクと演出を小学生の頃見たら、衝撃だわなー。
エンターテインメントの集大成?

ウドーのフェスは他のフェスに比べ、比較的大人向きのラインナップ。
彼ら以外にも…俺が気になるアーティストもたくさん出演だし。
ヌーノ・ベッテンコート、ドゥービー・ブラザーズ、
Char、ポール・ロジャース、スティーヴ・ヴァイ…

いいねー夏フェス。まぁ、結局、そんな夏フェスは無視して、
TUBEの野外に足を運ぶ俺ですが…笑。
| yu-ki | 音楽 | 13:39 | comments(3) | trackbacks(0) |
夏と言えば・・・
夏と言えば「TUBE」
このイメージはいつまでも消えないものだろう。
冬に活動しようが、変わらないものなのである。
バンドのイメージ戦略成功!ってとこですか?

夏と言えば…レゲエ!
って言っても俺はボブ・マーリーしか知りません(笑)

最近の夏と言えば、「Def Tech」らしいっすよ!!
CDが売れないこのご時世に、インディーズでどれだけ設けてんのか?爆。
いや、でも俺もなんだかんだで好きかも知れない。
昔、モンゴル800がこれまたインディーズからヒットを連発したけど、
そのセールスを上回ったのかな?どうだろ?

あとは、「オレンジレンジ」もイメージがあるか。
はい、そこ!パクりバンドか!なんて言わない!笑
俺はスタッフワークに感服した訳です。
「musiQ」だっけ?あのアルバム聴いたときに、こりゃ売れるわ!と思った。
俺が中学生だったら確実に買っていただろう。

そして、TUBEと共に夏と言えば…で挙げられるバンド。
「サザンオールスターズ」
…ってか、サザンと並べちゃダメじゃね?
比べられないっしょ。サザンすげぇもん!!比較対照じゃないし。
なんだろう?俺が思うに、
TUBEは夏っていうコンセプトがしっかりと成り立っている訳で。
サザンオールスターズは、特に夏、夏、夏…って押していないしね。
それでも俺はTUBEが好きだけど。

[夏=TUBE]
俺は、大歓迎ですよ。
まぁ、ファンにとっては、夏だろうが冬だろうが、
ぶっちゃけ変わらないんだけどさ。そうでしょ?
どうせ、冬でもTUBE聴いているでしょ?笑
あえて言うなら、夏は金がかかる!!
| yu-ki | 音楽 | 07:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
Come Together
以前、放送されていた前田さんがパーソナリティを務めるラジオ番組
「Come Together」このタイトル、
そして、そこで使われていた音楽がビートルズの楽曲であることは有名。

まぁ俺がビートルズを語るには余りにも恥ずかしいので適当に書く。
1962年にデビューした、イギリス、リバプール出身のバンド。
世界で最も有名で偉大なバンドだろう。
彼らがロックを身近なものにしたし、多くのミュージシャンが影響されている。
世界初のコンセプトアルバム「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」は
20世紀最大のアルバムとも言われている。
何度聴いても飽きないアルバムだなぁ。

角野さんはポール・マッカートニーが好きだとよく聞く。
昔、ミーティングでも「ツイスト・アンド・シャウト」を演奏してくれたね。

俺はやっぱりジョン・レノンがなんか好きで。
歳を重ねるごとにジョンの魅力に惹かれていく自分がいる。
埼玉にジョンレノンミュージアムがあるんだけど、
そこに行くと、なんか癒されるんだ。
ホワイトルームってのがあって、そこにはジョンが残した言葉が
壁一面に描かれているんだけど、本当にぐっとくる。

ジョンレノンが愛したニューヨークにも行ってみた。
彼が射殺された「ダコタハウス」、イマジンの碑、セントラルパーク
全てが、心に刻まれている。


心を開いて
「イエス」って言ってごらん
全てを肯定してみると
答えがみつかるもんだよ。
| yu-ki | 音楽 | 17:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
Red Hot Chili Peppers
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
会報のVOL62で、角野さんが最近、レッチリのライブに行ったと記入。
俺も大好きなバンドなので、書いてみよう。

カリフォルニア出身のバンドで、1983年に結成した。
彼らは、俺らの世代に特に大人気なバンド。
なんといっても、ベーシストのフリーがスゲェ!
なんちゅーかグルーブ感を一気に引き出してくれる存在なのだ。
メンバーも色々変わっているのだが、
ギタリストのジョン・フルシアンテもまぁ好きで、
彼がドラック中毒?の中、創られた実験的CDとでも言おうか、
それは、なんど聴いても…笑

7th Album 「californication」(1999)
8th Album 「by the way」(2002)
この2枚は特にお勧め。俺らの世代でも絶大な人気を誇るね。
「by the way」は名盤でしょ!?
今年はアルバムを発売した。そしてまたフジロックにも出演。
レッチリ〜〜最高です。
| yu-ki | 音楽 | 11:45 | comments(2) | trackbacks(0) |
トランス
前田さんのソロシングル「Always」には、トランスバージョンが入っている。
同じ曲なのにアレンジでこんなに変わるもんなんだなーと感じた。
トランスミュージックって、テクノから派生したものだと思うんだが、
俺はあまり好きではない。
リズムマシーンやシンセサイザーのお陰だろうね。
海外じゃ、クラフトワークとか、ゲイリーニューマン?
日本だと、YMOかね。ライディーン。
君に胸キュンだっけ?そんな曲もあった?(笑)

俺の高校時代はユーロビートなんかを聴いてる奴がいて、
テクノミュージックでは、アンダーワールドやケミカルブラザーズが人気だった。
俺も、アンダーワールド、ケミカルブラザーズはレンタルしたけど、
やっぱりどうもしっくりこなかった。
邦楽じゃ、石野卓球か?笑。コーネリアスなんかは少し違うもんなぁ。

会報VOL57で、前田さんが「最近トランスにはまっています」と
コメントを残してくれてある。
その流れで、「Always」にもトランスバージョンが入っているんだと思う。

ちょうど、その頃、俺の友達から深夜2時頃携帯に連絡が…
「今から六本木に来いよ!」
「はっ?無理だし。何で?」(明らかに無理です。笑)
「前田がいるよ。前田!なんか赤いジャケット着て、座ってる(笑)」
「マジで!?」
どうやらトランス好きの友達が、クラブイベントに出掛けていた。
そしたら偶然、前田さんが来たというのだ。

場所も六本木だし、トランスにはまっているのも知っていたから
間違いないなぁーーと思って爆笑。
「ってか、声かけてみてよー」
「嫌だよ。興味ねーーし!」←これが俺の友達の多数の行動。笑。
あーそんな時もあったなぁー。懐かしい思い出だ。
| yu-ki | 音楽 | 04:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジェイク・シマブクロ
TUBEとウクレレ。「Summer Dream」はぴったりだーなんて思う。
シーサイドバイブレーションツアーでもウクレレ教室が開催されてたり、
上級者はステージに立って、TUBEと一緒に演奏してた。
マジでうらやましい。一生の思い出だ。

そこで、TUBEファンならば、耳にしたことあるだろう。
ウクレレプレイヤーのジェイク。
以前、横スタのステージにも遊びに来てくれたね。
以前、ハワイの観光のCMで、彼の曲が流れてて、すげぇ癒されたな。
ウクレレってあまり聞くことなかったし、ストロークプレーが主だったから。
俺としてもそんなにピンとくるものはなかった。

だけど、彼はウクレレをギターの様に操る(笑)
マジ、すげぇ。しかもメロディも聴き易くて優しい。
本人もジェフ・ベックやジミヘンを聴きながら育ったみたいだし。
ウクレレを使って新しい表現をしている。
2003年にはフジロックにも出演している。
凄いよね。フジロックにウクレレ!
音楽っていろんな可能性があるんだなと思う。
なんかウクレレに対してのイメージを変えてくれたアーティスト。
| yu-ki | 音楽 | 14:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウエストコーストサウンド
たまには音楽のことも語ろう。もちろんTUBEに関連したね。

いろんなジャンル分けがされているロックの中で、
俺が好きなのが「ウエストコースト・サウンド」みたいだ。
アメリカの西海岸、要はロサンゼルスとサンフランシスコを中心に生まれた音楽。
その温暖な風土にあった陽気さや情景が音楽にも反映されている。
夏になると聴きたくなる…ん?これってTUBEと似てるね。
きっと、みんな好きだと思う。

ウエストコーストの代表バンドと言えば、ビーチボーイズ。
全てはここから始まった。
サンフランシスコからは、グレイトフルデッド、ジェファーソンエアプレイン、
バッファロースプリングスフィールドなどのバンドが
モンタレーポップフェス(ジミヘンやジャニスなどが名声をあげたコンサート)も
重なり人気に。
ロスからは、イーグルス、バーズ、CSN&Yなどのバンドが活躍した。
ソロではジャクソンブラウンかな。
彼はドラムの松本さんも大好きなシンガーソングライター。
俺ね、ここに挙げたアーティストの名盤、なんとか持っているけど、やっぱり好きだな。
きっとね、TUBE好きなら意外とハマるかも。
俺はやっぱりサンフランシスコより、ロスのバンドが好きだけどなぁ。
| yu-ki | 音楽 | 05:53 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ