Jack in The Box

バカにされたって、好きなんだからしょーがねぇーじゃん!
TUBEファンが綴るTUBEファンの為の完全自己満足ブログ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
少年ジャンプ
劇場版アニメ「NARUTO」の主題歌となった「Ding!Dong!Dang!」
この曲を初めて聴いたのが、2005年野外、厚木市荻野運動公園でのライブだった。
TUBEらしいストレートな歌詞と世界観に満ち溢れた楽曲。
この楽曲の演奏前、MCで前田さんがウケることを言っていた。

少年ジャンプから影響を受けている…
少年ジャンプから教えられることは、とても多くて…
少年ジャンプのテーマは、「夢と希望と愛と友情と冒険」…

えっ!?これって…夢?希望?愛?友情??
もちろん普遍的なテーマではあるのだが。

…俺は悟ってしまった。
そっか。そういうことだったのかよ。TUBEって。前田さんの世界観って。笑
これ以上、言葉にはできません。爆。

マジ、ウケたし。久々に、ツボったMCだった。
ただのMCであってくれと心のどこかで思っているが。
まぁそれはそれでいい。
「少年ジャンプの世界観=TUBEの世界観」ははは。
妙にリアルだよ。
| yu-ki | TUBE | 15:14 | comments(5) | trackbacks(100) |
♪1.2.3.4〜
このタイトルで「傷だらけのhero」を思い浮かべた人がいたらマニアだと思う(笑)
最近のブログネタも更に自己満足、爆裂中ですが…

ここ数日「終わらない夏に」のアルバムを良く聴いています。
そう、あれは俺が中学生の頃でした。
彼らのアルバムを初めて聴き、なんて熱い人達なんだろうと心を動かされたのです。
(超単純なくらいが、丁度いい)
♪傷だらけのhero〜〜なんて、良く考えたら恥ずかしくて歌えねーよ!(笑)
アイドルもびっくりです。ホントにぃ〜〜(By リンダ←こういう小ネタがファンの証)

なんだろ?あの熱いパワーに惹かれたといっても過言ではないだろう。
仕事に追われ、少しずつ熱さを失いかけていた俺でしたが、最近、変化が起きました。

ひとりの熱い男と出逢ったことが、その理由だけど。
俺とスタートラインも同じ一人の男。
才能、感性が、べつに群を抜いて飛びぬけている訳でもない。
どこにでもいるような等身大の同年代の男。
だけど、彼のバイタリティや、覚悟、そして行動力で、明らかに俺と差をつけていた。
魅力的で人を惹きつけるオーラを放つ。
久しぶりに心から逢って話してみたいと思わせてくれる人だった。

失いかけたものを取り戻すためにも、今は「終わらない夏に」を聴いています。
「一人になっちゃった」に出てくるような大人になるには、まだまだ早すぎるし、
第一、カッコ悪いからね。

俺には、まだ夢もあり、目標がある。
遣り残したことも、腐るほどあって。

勘違いを続けていられる人間が、オーラを放ち続けていられると聞いたことがある。
醒めたらそこで終わりだから。

俺も勘違いを続けながら、TUBEを聴き続ける(笑)
そして日々の活力にしていきたいね。
| yu-ki | 管理人 | 06:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
B☆B☆Qから〜
11月も後半です。皆さんお元気ですか??
俺は、かろうじて生きてます。笑

最近は、アルバムB☆B☆Qを聴く事が多くなった日々だ。
なんか、購入時より、好きな曲が増えてきて、嬉しい限り。
「チェリー」は、まさにそうだね。メロがすげぇーいいじゃんこれ!って。
「ひだまり」は、俺の中では「月の雫」に匹敵する感じ。

それから気がついちゃったのが…「波乗りグッとチョイス」
松本さんの作詞だけど、なんだろ?楽しい曲なのに感じちゃうあの哀愁は…笑
♪昔はモテたと 若いもんに話をして
 アルバムを見せてる俺は ちょっと浮いているかい?
っちゅー歌詞が、ぐぐぐ〜〜っときちゃうポイントなんだよね。
そんな人を時々見かけるからさー笑
あっ、俺、そんな風にはなりたくねーなーーって。。
いつの時代も、やっぱりカッコ良くありたいっちゅー想いは大事なことだね。

96年に「The Last of IKE_IKE〜最期のウルトラ〜」なんて曲があったけど、
なんかそっちの方がイタい感じはするけど(笑)哀愁漂ったらダメだよなと。
俺も相変わらず、ギャル男みたいな格好しやがって…と周りからダメ出しされているが、
好きな髪形しているだけなんだけど。
そういえば、昔、前田さんは、襟足長かったよね??爆

ってことで、久しぶりのブログだー
ツアーも終わり、TUBEファンのオフ会にでも参加したいなーと思う冬。
春畑さんが、来年はソロアルバムを出すかも…みたいなニュアンスで、
もう今から期待大な俺でした。
| yu-ki | CD | 11:24 | comments(7) | trackbacks(0) |
サンキュー
言葉が足りないから、俺の想いを全て書き綴ることはできないけれど、
友達にやっぱり支えられている。
苦しいこと、辛いことが多くなる度に、
自分にとって大切な人達が傍にいてくれることに気がつく。

俺は、誤魔化すこと、オチャらけることが、得意で…
素直に喜びを表現することが苦手だけれど、本当に嬉しかったんだ。

自分のことで精一杯のとき。
久しく逢えない友達、連絡さえ取らない俺。
メールが届いても、返信すらまともにしていない俺のダメなところ。
それなのに、傍にいてくれてありがとう。

隠していることもある。
いつかは話したいけど、言えないことも、まだある。
だけど、いつかは言葉にするからね。

TUBEを通じて、仲間になった友達に精一杯のありがとうを届けます。
一番新しいアルバム。BBQから「サンキュー」あなたに届きますように…。

PS.溜まっているコメント書けよ〜〜ってツッコミはなしね。笑
| yu-ki | 管理人 | 17:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
in国際フォーラム
いやー楽しかったな。やっぱりライブって空間だなって改めて感じた時間だった。
やっぱりエンターテインメント最高だよ。
TUBEのメンバーは本当に盛り上げ方を知っているよね。

春畑さんも言ってたけど、
国際フォーラムって本当に座席が良くて、眠くなっちゃうんだよなー
だから?なのかは謎だが、開演前もそんなに盛り上がっていなかった。
俺も、まったり〜していた。
そんな中、一人のハッピ着用の男性が、突然ステージ前まで行って、
チューブコールを起こす。笑
その行動がどうとかじゃなくてね、その勇気に乾杯。
俺も、よくやるなぁ〜〜って思わず笑ってしまったよ。

2000年〜2004年ぐらいがファンの勢いのピークだったのかな?
あの頃に比べたら、皆さん落ち着きましたよね?
そんな風に思うのは俺だけ?

松本さんへの<りょーじコール>もバカうけたし。
ステージであんぱん食ってんのには、笑ったし。
春畑さんのコメントに爆笑したし。
「みんな忙しいのにありがとう」って…なぁ。笑
さっきまで、ガンガン、ギター弾いていた人とは思えんよ。

それから「涙を虹に」の振り付けに僕は笑いました。
ヒデキかと思いました。ブーメラン♪ブーメラン♪って。
普段、振り付けもしなくなりましたが…ちょっと面白かった。笑
ブーメランストリートツアーを思い出した。ははは。
DJコーナーも、よく考えたらTUBEだからできることだろうなって。
他のバンドじゃ、絶対やらねーもん。

そんなTUBEのファンで俺は幸せですよ。
| yu-ki | ライブ | 02:42 | comments(2) | trackbacks(0) |
国際フォーラム
10月18日(水)の国際フォーラムでのライブに、
まろん姉さんの粋な計らいで、行けることになった。
すげー楽しみで。久しぶりの休みだし、マジで嬉しい。
国際フォーラムは一度、舞台袖から客席を見たことがあった。
観客入っていると、これまた気持ち悪い。笑
あーいつも、こんな感じでライブしてんだなって。
どの辺をいつも楽屋にしてんだろうか…とか、
無駄なミーハー気分で過ごしたバカ。
ちょっと想い出のあるスペースだ。

今度のライブはどんな想い出ができるんだろう。
行けて良かったな。嬉しいな。
| yu-ki | 管理人 | 13:30 | comments(3) | trackbacks(0) |
Your Home Town
最近、めちゃエモい(エモーショナル)。
疲労困憊で、頭の中は仕事や自分自身のことだらけ。
気がつけばまた1ヶ月働きっぱなし。
TUBEファンのオフ会でもやりてぇなーー。

どれくらい遠くまで 歩いてきたんだろう
どれほどの想い出に 涙流したんだろう
別に不満なんてない 今の暮らしなのに
やりきれない せつない 夜につぶされそうになって
友達や恋人に囲まれてる毎日
孤独でも寂しくもないのに なぜなんだろう

この歌詞がすげーーぐっとくる。
ツアー後半戦。一箇所でいいから行けたらいいな。
| yu-ki | 管理人 | 16:41 | comments(6) | trackbacks(0) |
終わらない旅
ブログを更新しない間に、夏が終わってしまった。
今年は、野外ライブにも仕事の都合で行けなくて、なんか夏が来た感じがしねーー。
んで、すげぇ微妙に寂しい夏だったんだけど、
この1ヶ月の間に、TUBEと仕事として関わったことのある人に5人ぐらい会ったな。
まぁ、俺から色々と詮索するようなことは、もちろんないけどね。
俺はただのファンなんで。
それでも、ちょっと小話を聞けたり、野外の感想を聞けたりで。
寂しい夏だったけど、満足ということにしとこう!

人生いろいろだよな。
前田さんが、今の俺と同じ歳だった頃、いったい何を考え、何を想い、
歌を歌っていたのだろうか…
あの圧倒的なリーダーシップはどこから生まれていたのだろうか。
| yu-ki | 管理人 | 13:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
80年代
8月だー夏だー
渚のオールスターズも無事ライブを終えたようで、
俺は相変わらず仕事でしたが…

最近は80年代の楽曲をたくさん聴いています。
渚からは、「渚のMerry Boys」
日差しを浴びて歩きながらこれを聴くとすげーテンションが上がる!
あとは、「DAY IN VACATION」
DVD「嗚呼!!夏休み」の映像は最高だよね。
角野さんの歌声が結構好きだ。笑。

TUBEでは「スタンダードな恋物語」「Younger than Yesterday」に
はまっているかな。

懐かしいっしょ?聴きたくなるでしょ??笑
| yu-ki | 管理人 | 17:22 | comments(2) | trackbacks(0) |
きっとどこかで
ドラマの主題歌にもなったシングル曲。
恋愛をテーマに描かれた歌詞だとは思うが、俺にはこの曲に思い出がある。

サッカーを辞めたのが確か20歳の頃だった。
残された手紙と想い出。
サッカーに夢中になり、助けられてきた思春期だったけど、
そこから離れることを、怖くもなく、寂しくもなく、ただの解放だとさえ感じていた。
納得をしたからこそ、後悔はないし、
今の俺がいるのは、あの時の決断があったからだとも思う。

高校を卒業してから、子供達にサッカーを教えたい…そんな想いを抱いていた。
だから数年だけど、自分もサッカーをやりながら、
小学生の男の子。そして、中学生の女の子に俺が伝えられることを伝えてきた。
だけど、新しい場所へ進みたかった俺は、突然サッカーから離れることを告げた。
号泣してくれたみんなの姿と、込み上げる想いは、
今でも忘れることなく心に残っている。

中学生の女の子からの手紙のラストに、この歌詞が書かれていた。

きっとどこかでめぐり合う 形ある答え 僕にも見えるはず
いつか 分かり合える 許しあえる そんな日が来るまで
言えない さよならは…

彼女達が高校へ進学するまで、面倒をみるよと交わした約束を守れなかった自分。
俺の勝手な気持ちを理解しきれなかったその子。
だからこそ、さよならは言いませんと言いたかったのだろう。
俺がTUBEを好きなことを知っていたからこそ、この歌詞を書いたんだろう。

その子は、一度、両親と横浜スタジアムにライブを見に来ていて、
サッカーを辞めてから数年後、数分だけ横スタで再会を果たした。
元気にサッカーを続けていて、実力も兼ね添えた選手に成長していて。
心から嬉しかったな。

「きっとどこかで」は俺にとってそんな思い出がある1曲だ。
| yu-ki | 管理人 | 02:39 | comments(4) | trackbacks(0) |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ